保護者からの声

VOICE

1歳8ヶ月から長くお世話になっております。
今まで1日たりとも離れたことがなかったため、預けている間はどうしているのか気になり、息子の写真を何度も見ていました。
しばらくはスモックを着ることや帽子をかぶることも拒否していた息子。幼児教室の門に着くと、違う方向を指さして「あっち、あっち」と全力で入ることを嫌がったり、離れる時は私に抱っこでしがみつき「ママ―」と大泣きでした。
息子が泣いて登園することは覚悟していましたが、予想以上の状態のため、夫と「まだ早かったかな」と話し合った日もありました。
どんな時も先生方が温かく迎え入れてくださったおかげで、今では「幼稚園大好き」と言って笑顔で通園しています。
遊びを通して色々な体験をさせていただいていたおかげで、物怖じせずにチャレンジするようになり、ひとりでできることが増えました。
そして、語彙力は格段に上がりました。毎回その日にしたことを話してくれたり、歌とダンスを披露してくれたりします。
こうして、息子がとても成長できたことは、わが子のように接してくださった先生方のおかげです。心より感謝申し上げます。

イラスト

VOICE

息子が2歳になる前より通い始めました。
ご近所の方やその他いろいろな方から、東高殿幼稚園の素晴らしさを聞き、まずは親子教室から参加させていただき、幼児教室へ進みました。
まだ2歳になる前でもあり、言葉で充分なコミュニケーションが取れない時期にもかかわらず、1ヶ月も経たないうちに息子は満面の笑みで登園するようになりました。

教室での時間もとても良い表情をして過ごしていますよと、先生方からお伝えいただき、初めての社会生活で笑って過ごすことができていたのも、幼児教室の先生方のおかげです。
短い時間のなかで、こんなにも充実したプログラムを1つ1つ、子供がいかに楽しんで取り組めるかを熟考され、実施していただいています。それは、家庭での過ごし方にも非常によく反映されており、成長という形で何度も感動させていただけました。

先生方みなさまは非常に丁寧で優しく、親である私の育児での悩みもそっと優しく包み込んでくださり、息子をとても大切にしてくださったことが何より嬉しかったです。
息子が教室中、笑顔で、帰宅してからも「今日も楽しかった!」と伝えてくれることが、この教室と先生方を表していると思います。
本当にありがとうございました。

イラスト

VOICE

娘は1歳7ヶ月から幼児教室に通っており、もうじき通い始めて1年が経とうとしております。
始めは、泣きながらのスタートでしたが、今では休日も「明日は幼稚園?」「そうだよ!」「やったー!!」といった会話があるくらい、毎日、幼児教室の先生方、お友達と会えることを楽しみにしています。

娘同様、私も幼児教室の大ファンです。
1つは、娘を預ける上で、非常に安心感を感じること。
先生方が、娘の成長の変化などを含め、幼児教室での様子を毎日お話ししてくださり、迎えに行くその時間まで、先生方が絵本を読んでくださったり、外でボール遊びをしてくださったり、おままごとをしてくださったりと、ずっと対面で遊んでくださっていることも非常にありがたく思います。

2つ目には、バランスよく、子供たちが楽しめるよう教育を取り入れてくださっていること。
楽器に触れ合う日があれば、体全身を動かす日もあり、大人が見ても面白そうだと感じる玩具を使って手先を動かしていることも。
娘は幼児教室で学んだことを家でフィードバックしてくれるので、どんどんできることが増えていることを実感しております。

3つ目は、たくさんのお友達と遊べること。
子育てをしていて、同い年のお友達と出会う機会が少なく、お友達を作ってあげることが難しいと感じておりました。そんな中、ここでは、上の学年のお友達から下の学年のお友達まで、たくさんのお友達と遊ぶことができます。
1年間通ってきて、娘に大好きなお友達ができたときは、すごく嬉しそうにしていましたし、成長と共に、お友達の名前も口にするようになり、友だち同士楽しく遊んでいる姿は、親としては微笑ましい限りです。

そして、幼児教室に通う子供たちがみんな楽しそうで笑顔いっぱいであること。これは、幼児教室に限らず、幼稚園に通っている子供達を見ていても同様に感じます。

娘には、これからも季節色どりの綺麗なお花やお野菜が収穫できる素敵な園庭で楽しくお友達と笑顔いっぱいで走り回りながらスクスクと成長していってくれればと思います。

イラスト

VOICE

幼児教室には2歳4ヶ月からお世話になっております。

初めは親子教室に通っていましたが、イヤイヤ期が始まると、娘は教室から飛び出してしまい、まったく戻ろうとしなくなってしまいました。手を焼いていた時に、先生から「お母さんはこうすると、どうしてくれるんだろうって様子を見ているんですよ。」と教えてくださいました。「お母さんがいないほうがいいと思いますよ。」と言ってもらったことで、母子分離に踏み切れずにいた私の決心がつき、幼児教室に通うことにしました。

やはり最初は大号泣でしがみつき、先生に抱っこで渡して見送る日々でした。なれるまでにかなり時間がかかるだろうと考えていましたが、案外ひと月ほどで泣くこともなくなり、自分から教室に入っていくようになりました。先生方が子どもたちと向き合って日々丁寧に優しくご指導いただいているおかげです。
また、季節のイベントがとても楽しかったようで、その日をきっかけに「今日楽しかったね。○○のやつまたしたい!」と話してくれるようになりました。「○○のやつ?」と思っていましたが、アプリで○○カードを探すゲームの動画を見て、先生方が子どもたち一人一人に声をかけて全力で盛り上げてくださった様子が分かりました。
幼児教室は楽しいところなんだと理解してからは、家でも習ってきた歌を口ずさんだり、ダンスを披露してくれたり、新しい言葉や英語まで、様々なことに興味を持つようになりました。生活面においても、「今日はぴかぴか賞!」と言って、ご飯をしっかり食べるようになったり、お着替えも自分で頑張ると言って、スナップボタンやファスナーなどの難しい箇所にも進んで挑戦するようになり、みるみるできることが増えていきました。

第2子を出産し、娘が赤ちゃん返りをするようになると全てがうまくいかず疲労困憊でしたが、寂しく複雑な気持ちでいる娘の居場所として、家族のように優しく寄り添って接してくださいました。お迎えの時には、毎回どういう活動をしてどんな様子だったのかを報告してくださいます。その時に、娘のエピソードを教えてもらえるので、家では見られない意外な良い一面を知ることができ、家ではわがままに思えても教室ではしっかり頑張っているんだと思うと愛おしくてたまらなくなりました。しっかりメモを取ってくださっていて、一人一人を大切にしようという思いが伝わります。個性に合わせて見てもらえるので、信頼して預けることができました。親の私自身、焦ったり、不安になったり、イライラしてしまったりする日々でしたが、いつも笑顔でハツラツとした先生方のお姿に元気をもらい、親子共々、毎日とても支えられていました。個人的な相談にも、お時間を割いてしっかり話を聞いてくださって、時には先輩ママとして心に刺さるアドバイスをしてくださったことも忘れられません。

意志が強くて手のかかるタイプだった娘も、すっかり集団生活に馴染んで、お姉さんになりました。こちらの幼児教室に出会えて、本当に成長を実感しております。かけがえのない激動の期間を一緒に支えてくださった先生方に、心より感謝申し上げます。

イラスト